20th Anniversary year 2015-2016「FINAL ROAD LAST SANCTUARY」 in 日本武道館

teshimaです。

ツイッターではダラダラと感想を書き綴っていましたが、先日SIAM SHADEの20周年記念ツアーのファイナルの武道館に行ってきました。

○やっぱりSIAM SHADE最高!
去年Zepp Tokyo見に行った時も同じようなことを思いましたが、やっぱり最高ですね!
我が青春の曲達でした。
そんなにカラオケに歌いに行くこともないのですが、自然と歌詞がスラスラ出てくるのには自分でもビックリしました。

○MC少な目で楽曲多めのセットリスト
この日のライブはMCは少な目の進行でした。意図的だったのかもしれません。
ダラダラと話すより曲を聞いてくれ、という雰囲気を感じ取りました。

○まるで2002年の解散武道館のよう
この日のライブは、「D.D.D.」がセットリストに入っていたり、後述のように「Don't tell lies」のあとに客席のコールに応える形で追加の1曲をやったり、最後にSEが流れる中スタッフのアツい挨拶があったりと、2002年の解散武道館を思い出される内容でした。当時のことを思い出して、とても胸が熱くなる思いでした。

○DAITAのギター
この日のDAITAは、若干の荒さはあったものの、やはり安定のクオリティでした。
この日使っていたギターは4本。
G-Life Bora Bora Blue (メイプル指板・黒PU・レギュラー)
G-Life Bora Bora Blue (メイプル指板・白PU・半音下げ)
G-Life Cross Edge Black (ローズ指板・ドロップD)
DEAN V Black (ローズ指板・ドロップD、「GET A LIFE」専用)
「GET A LIFE」だけ専用ギターというのものいつもどおりでした。最後、「Don't tell lies」のときの大砲の音響で、「Dreams」のときにスピーカーケーブルが全て抜けてて音が出なかったというのはかなり意外なアクシデントですが、なかなかレアなものを見られたという意味では良かったのかもしれません。

○子連れの多さ
去年も同じようなことを書いたのですが、けっこう子供連れで来ているファンが多かったように思います。ツイッターでRTしたものでは「解散武道館時にお腹にいた娘と見に来ることができた」という言及があり、だんだんと二世代で楽しむファンが増えてきたのかもしれません。素敵なことです。
SIAM SHADEはここで完結、ということでしたが、二度とやらない、とは明言しなかったですし、栄喜も「もしかしたらまたやるかも」と言っていたので、5年後、あるいは10年後にまたやるかもしれません。それをほんのり期待したいと思います。

teshima
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nobuteshima

Author:nobuteshima
ここはギタリスト・作曲家のteshimaのギター的・音楽的日々を綴っていくブログです。ライブ告知、機材レビュー、ギターや音楽についてのことなどを書いています。
ソロプロジェクト「enigmatic blue」、音楽制作団体「Clown Clan」などで活動しています。サポートギター、アレンジ制作、音源制作の依頼なども承っています。
プロフィールなどはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR