DREAM THEATER COVER FEST 2016

teshimaです。

DREAM THEATER COVER FEST 2016 Vol.1、無事に終了しました!
当日はDT好きの方に相当お集まりいただきまして、かなり満員でした。ありがとうございました!

当日のまとめはこちらから。

メトロイドのセットリストはこんな感じでした。

1. Bridges in the sky
2. Metropolis Pt.1
3. Another Day (w/ Sax. jonirin)
4. Take away my pain (w/ Sax. jonirin)
5. Learning to live

本物のSaxを入れてのAnother Dayは悲願だったので、今回それが叶ってよかったです。

今回、DT祭りということだけあって、ギターはどのバンドも本数が2本ずつでした。計6本のうちErnie BallのJPモデルが実に3本!DT祭りということで、今回だけIbanez JPMを持って行って面白かったのかな、と終わったあとで思いました。それ以外にも、回るキーボードスタンドだったり、持ち込んできたSEだったり、細かいところに各バンドのこだわりが具現化していたのがいかにもお祭りらしくて良かったです。
出演者としても、他のバンドを見るいちファンとしても、とても楽しむことができた一夜でした。

反省点としては、ギターのサウンドメイキングということでしょうか。
これは今回だけの反省ということでもないのですが、長年(半ば意図的に)細かいことを考えないようにしていた音作りを真剣に詰めなければならないかもしれないという気がしています。機材を新しく買いたいということでは全くないのですが、今回は対バンの2バンドのギタリストの音作りがかなりペトルーシに近づけていたので、自分ももう少しできる部分があったのではないかと後から思った次第です。
Twitterにも少し書いたのですが、ピッキングや奏法がなってないのに「いい音が出ないから新しい機材を買う」というのが全く意味がないように、ピッキングだけを追求して音作りのセッティングをおろそかにするのは片手落ちなんじゃないかと思いました。別段、全くセッティングを詰めたことがないわけではないのですが、およそ学生時代から全くセッティングが変わっていないので、バンドごとの音作りなどは全くやったことがありません。
ギターの音はピッキングという生の要素と、アンプ・エフェクターという電気的な要素の2つが組み合わさっているわけですから、両方きちんと詰める必要があるんだなと再認識した次第です。

トータルな目線がやはり大事だなということですね。

teshima
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nobuteshima

Author:nobuteshima
ここはギタリスト・作曲家のteshimaのギター的・音楽的日々を綴っていくブログです。ライブ告知、機材レビュー、ギターや音楽についてのことなどを書いています。
ソロプロジェクト「enigmatic blue」、音楽制作団体「Clown Clan」などで活動しています。サポートギター、アレンジ制作、音源制作の依頼なども承っています。
プロフィールなどはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR